ネイチャーカン ブログ

CBDグミと「大麻グミ(HHCHグミ)」:その違いは?

1.webp__PID:2a52a2c5-33d7-4e77-932c-abd4e0d5cf46

目次

  • イントロダクション
  • 話題の「大麻グミ」とは?
  • HHCHグミとCBDグミの違い
  • NaturecanのCBD製品の安全性
  • まとめ

1. イントロダクション

最近よく耳にする「大麻グミ」や「HHCHグミ」。危うい印象をもたらせる言葉ですが、その中で人気のあるCBDグミも注目を浴びています。正しい意味や違いを理解することは依然として難しく、CBDグミに対する不安がいまだに残っています。

この記事では、ニュースになった大麻グミ(HHCHグミ)とは何か、CBDグミとの違い、そしてNaturecanのCBD製品の安全性対策について詳しく説明していきます。これにより、読者の不安や混乱を解消し、正確な情報を持たせ、より良い判断をできるように目指しています。

2. 話題の「大麻グミ」とは?

3 (1).webp__PID:a2c533d7-6e77-432c-abd4-e0d5cf468e93

最近、「大麻グミ」がメディアで広く報道されていますが、その実態は一体何でしょうか?

大麻グミはHHCHグミとも呼ばれていて、違法成分であるTHC(テトラヒドロカンナビノール)に似た成分であるHHCH(ヘキサヒドロカンナビヘキソール)を含むグミのことです。

2023年11月にこの大麻グミを摂取した方々が吐き気などの症状で救急搬送された事件が起きてしまい報道されました。その事件に続き、日本の麻薬取締法によりHHCHは至急に指定薬物に指定され禁止されました。厚生労働大臣は、中枢神経系への作用を有する蓋然性が高く、人の身体に使用された場合に保健衛生上の危害が発生するおそれのある物を「指定薬物」として指定します。

HHCHの規制は2023年12月2日に施行され、それ以降の製造、輸入、販売、所持、使用等は重大な罰則対象になります。

3. HHCHグミとCBDグミの違い

2 (2).webp__PID:682a52a2-c533-476e-b753-2cabd4e0d5cf

HHCHグミとCBDグミは両方カンナビノイドを含んだグミでありつつも、その成分の化学構造、製造方法、違法性や身体への影響は全く異なったものなのです。

まず、HHCHグミはHHCH(ヘキサヒドロカンナビヘキソール)という化学合成して作られた成分を含みます。つまり、ヘンプ由来の成分ではありません。THCと似た構造を持ち、精神活性作用をもたらし、ハイな状態にさせると考えられています。今はTHCと同じく、HHCHも違法成分として日本で禁止されています。

その一方、CBDグミはCBD(カンナビジオール)を含む製品で、HHCHやTHCなどの違法成分は通常含まれていません。CBDはヘンプから抽出される成分で、HHCHと構造が異なるため、精神に作用することなく、逆にリラックス効果など様々な健康効果を促すと考えられています。

日本においてCBDは合法かつ安全な成分であり、一般的にCBDを含む製品は安心して使用いただけます。

ネイチャーカンのCBDグミをチェック

4. NaturecanのCBD製品の安全性

CBD製品の安全性は、CBD原料の抽出方法によって変わります。日本で流通するCBDグミは、製造者の取り扱っているCBD原料によってTHC等の違法成分を含む可能性もあります。そのため、品質試験をしっかり行う、信頼できるメーカーから購入するのが大事です。

CBDグミを含むNaturecanのCBD製品は、すべて大麻取締法に基づく規制に従い、品質や安全性に関する評価が高いことで知られています。Naturecanは、高品質なオーガニックヘンプ植物からCBDを抽出し、さまざまな製品に使用しています。

CBD原料と製品は第三者機関による厳格な品質テストを経ており、成分分析書によりHHCHやTHCなどの違法成分が検出限界以下であることを毎回確認しています。これにより消費者はNaturecanのCBD製品を安心して利用することができます。

4.webp__PID:52a2c533-d76e-4753-acab-d4e0d5cf468e

また、Naturecanは製品の製造過程においても高い基準を設けており、GMP(Good Manufacturing Practice)規格に準拠しています。これにより、製品の品質管理が徹底され、安全性が確保されています。

さらに、NaturecanのCBD原料は、添加物や不純物を含まない自然由来のものであるため、合成成分であるHHCHが含まれるリスクは一切なく、製品の安全性が高まり、健康へのリスクが最小限に抑えられます。

ネイチャーカンのCBDグミをチェック

5. まとめ

大麻グミはHHCHグミとも呼ばれていて、HHCH(ヘキサヒドロカンナビヘキソール)という精神活性作用をもたらす合成成分を含みます。2023年11月の大ニュースをきっかけにHHCHは日本で規制され、THCと同じく違法成分になりました。最近CBDグミはよく誤解によりHHCHグミとグルーピングされています。

しかしCBDグミはCBD原料を含む通常のグミであり、CBD自体は合法で、健康効果を促す安全な成分です。グミを含むCBD製品はメーカーによって品質と安全性は変動します。

なかには、THCやHHCH等の違法成分を含むCBD原料を扱う製造者もおり、購入を検討する際はしっかりと第三者機関での品質試験を実施しているブランドを選択してください。

Naturecanでは常に規制をモニタリングしているため、消費者の安全性に影響を及ぼす製品はお届けしません。くれぐれも安心してNaturecanのCBD製品の魅力を楽しんでください。

ネイチャーカンのCBD/CBN/CBGグミをチェック

CBDグミ(ビーガン対応) Gummies Naturecan
CBDグミ(ビーガン対応) スイカ、ミカン、ラズベリー、レモン味 Naturecan
ネイチャーカン CBDグミ 概要
NaturecanのCBDグミの特徴
ネイチャーカンのCBDグミが選ばれる理由
ネイチャーカンのCBDグミと他社製品の比較
CBDグミ(ビーガン対応) Gummies Naturecan
CBDグミ(ビーガン対応) スイカ、ミカン、ラズベリー、レモン味 Naturecan
ネイチャーカン CBDグミ 概要
NaturecanのCBDグミの特徴
ネイチャーカンのCBDグミが選ばれる理由
ネイチャーカンのCBDグミと他社製品の比較

CBDグミ(ビーガン対応)

¥12,900
¥3,870
詳しく見る
CBGグミ(ビーガン対応)
CBGグミ(ビーガン対応)
CBGグミ(ビーガン対応)
CBGグミ(ビーガン対応)
CBGグミ(ビーガン対応)
CBGグミ(ビーガン対応)
CBGグミ(ビーガン対応)
CBGグミ(ビーガン対応)
CBGグミ(ビーガン対応)
CBGグミ(ビーガン対応)
CBGグミ(ビーガン対応)
CBGグミ(ビーガン対応)
CBGグミ(ビーガン対応)
CBGグミ(ビーガン対応)
CBGグミ(ビーガン対応)
CBGグミ(ビーガン対応)
CBGグミ(ビーガン対応)
CBGグミ(ビーガン対応)
CBGグミ(ビーガン対応)
CBGグミ(ビーガン対応)

CBGグミ(ビーガン対応)

¥7,490
¥6,367
詳しく見る
CBDグミベア(サワー味)
CBDグミベア(サワー味)
CBDサワーグミ Gummies Naturecan
CBDグミベア(サワー味)
CBDグミベア(サワー味)
CBDサワーグミ Gummies Naturecan
CBDグミベア(サワー味)

CBDグミベア(サワー味)

¥6,990
¥5,942
詳しく見る
CBDグミベア
CBDグミベア
CBDグミベア
CBDグミベア Gummies Naturecan
CBDグミベア
CBDグミベア
CBDグミベア
CBDグミベア Gummies Naturecan

CBDグミベア

¥6,990
¥5,942
詳しく見る