8500円以上購入で送料無料

5つ星レビュー
8500円以上購入で送料無料
保証されたCBD濃度
品質テスト済み

エンドカンナビノイドシステムとは何ですか?

科学者は人体で最も汎用性の高いシグナル伝達分子の1つであると主張しているものの、幸せで健康的な生活に対する重要性の大きさに反して、エンドカンナビノイドシステムが存在することさえ知っている人は多くありません。

1992年に発見されたエンドカンナビノイドシステムは、すべての人間、哺乳類に存在し、幅広い心理的および生理的機能の調節に役立ちます。非常に複雑ですが、科学者たちは、これら機能には気分、食欲、睡眠、痛みが含まれることを証明しています。したがって、エンドカンナビノイドシステムは身体のバランスを保つ上で重要です。

初期の研究では、エンドカンナビノイド受容体は脳と神経系にのみ存在するとされていましたが、後に、これらの統合受容体が皮膚、免疫細胞、骨、脂肪組織、肝臓、膵臓、骨格筋、心臓、血管、腎臓、胃腸管を含む体全体に存在することが発見されました。1

仕組み

エンドカンナビノイドシステム内にはカンナビノイド受容体のネットワークがあるものの、とくに2つの主要な受容体が特定されています。 受容体CB1およびCB2で、このペアは内部で生成されたエンドカンナビノイドと結合し、身体のあらゆる部分のバランスを回復する働きをします。

合成されたエンドカンナビノイドは、シナプス後細胞からシナプス前細胞に逆流します。非常に複雑に聞こえますが、実際には、このプロセスは単にシナプス前細胞に信号を送り、神経伝達物質の放出を遅くするか完全に停止という、体内の自然なコミュニケーションです。エンドカンナビノイドの心理的、生理的効果を例示するならば、この重要な流れを制御し、内部受容体が活性化されることで、エンドカンナビノイドは私たちが感じる不安、ストレス、痛みを完全にコントロールできるのです。

 これこそがCBDのメリットです。 身体固有の制御システムが、CBDによる豊富な天然カンナビノイドによって補助されるとしたらどうなるでしょうか? 理論上、CBDは重要な身体プロセスの完全なコントロールを促し、好ましくない症状の抑制に役立ちます。 

エンドカンナビノイドシステムCBD

科学はすでに答えを見つけているかもしれません。 自然に発生し、摂取しても安全な植物性カンナビノイドの形で提供されます。 大麻植物由来のカンナビノイド(CBDおよびTHCを含む)は、自然のプロセスを維持、改善の補助と同様に、重要な内部受容体に自然に付着することがわかっています。

ヘンプ植物(カンナビスサティバL.)には100種類以上のフィトカンナビノイドが含まれているため、これらの個々の成分はさまざまな方法でエンドカンナビノイドシステムと相互作用し、幅広い効果を発揮することがわかっています。これには、内部システムを起動し、CB1とCB2受容体の両方を活性化させることによる、認知および生理的プロセスへのメリットが含まれます。なぜなら、科学が証明しているように、これには、期間にかかわらず、衰弱性症状と相互作用し、症状を調整し、最終的に軽減する自然な身体能力が伴うからです。

例えば、カンナビノイドがCB1受容体を活性化すると、鎮痛薬、血管拡張、炎症マーカーが炎症を軽減します。CB2受容体が活性化されると、免疫機能に対する効果が表れます(免疫システムの正常化)。

また、CBDはエンドカンナビノイドの分解を防ぐ重要な役割を果たしているため、体内でより長くより効率的な効果を発揮できると考えています。これは臨床的エンドカンナビノイド欠乏症(CECD)として知られる理論に大きく関連しています。多くの専門家に裏付けられたこの理論は、体内のエンドカンナビノイドの不足やECS機能不全が様々な症状を引き起こすということを説明しています。このテーマに関する10年以上の研究についてのレビューによると、この理論は一部の人々が片頭痛、線維筋痛症、および過敏性腸症候群を発症する理由を説明できるとのことです。これは、CBDを使用することで対処できます。

自分身体を知る

2020年になってもなお、人体の複雑な働きは世界中で研究され、議論されています。確かなのは、エンドカンナビノイドシステムは、私たちの身体の正常な機能に大きな役割を果たしています。炎症、不安、睡眠不足といった症状のみならず、または単に健康を維持したい場合においても、この天然のエンジンが重要であることは明らかです。そして、CBDを適量、良質の製品から摂ることで、その効果は非常によく表れます。

ソース:

  1. Mackie K. Cannabinoid receptors: where they are and what they do. J Neuroendocrinol. 2008
  2. ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2139910/
  3. ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5576607/
  4. www.healthline.com/health/endocannabinoid-system-2#takeaway
  5. uclahealth.org/cannabis/human-endocannabinoid-system