8500円以上購入で送料無料

5つ星レビュー
8500円以上購入で送料無料
保証されたCBD濃度
品質テスト済み

どのようにCBDを服用すればいいですか?

CBDはウェルネス界における新しい流行語です。ネット上やフィットネス関連のインフルエンサーからセレブやアスリートの間で、この完全に天然のオイルの健康改善への鍵であるという強い信念が持たれています。そして次はあなたがその効果を試してみる番です。

CBDとは?

CBDはカンナビジオールの略で大麻植物由来のエキスであり、100以上の天然成分のうちの1つです。オイルが抽出されると、全てのテトラヒドロカンナビノール(THC)を除去するためにろ過されます。THCはあなたをいわゆる「ハイ」の状態にする精神活性成分です。これを除去することによって、ユーザーは不必要な副作用を発症することなくCBDのメリットを存分に享受することができます。

エンドカンナビノイドシステムは私たちの体内に存在し、幅広い認知及び生理的プロセスの調整を行なっています。非常に複雑なシステムですが、科学者たちはこれらの機能には気分や食欲、睡眠、そして痛みが含まれることを明らかにしています。つまり、エンドカンナビノイドシステムは体のバランスを保っているのです。

エンドカンナビノイドシステムとは、脳と中枢神経系内のカンナビノイド受容体のネットワークです。CBDやTHCのようなフィトカンナビノイド(大麻植物由来のカンナビノイド)は同じように細胞に付着し、様々な効果をもたらします。事実、複数の研究が、CBDは神経の損傷を防ぎ、強力な抗炎症剤として作用することを明らかにしています。また、CBDは不安や慢性的な痛みをはじめとした幅広い症状の改善に効果的であることを示唆した研究も存在します。

どのCBD製品が私に適していますか?

CBDを試してみたいと思っていても、様々な製品の中から自分にあったものを選択するのは難しいかもしれません。慢性的な体のトラブルに対処したい方や、あるいは単にCBDのメリットを気軽にチェックしてみたいという方にも、あなたの毎日のルーティーンにCBDを取り入れる様々な方法についてご案内いたします。

CBDを摂取する簡単な方法

CBDを摂取する最も一般的な方法は経口投与です。カプセルの形態で服用するのはCBDを摂取し始める方法として最適です。CBDの服用量の管理が容易ですし、おそらく誰しも錠剤やカプセルの服用に慣れているからです。CBDの使用において服用量は非常に重要であり、カプセルで服用することによって毎日どれくらいCBDを摂取しているのか正確に管理することができます。また、人それぞれニーズは異なる上、CBDへの身体の反応も様々であることから、少量の服用量から始めてみるといいでしょう。しかし、CBDは完全に消化されるまで約45分かかるため、推奨された服用量を越えて摂取しないように気をつけてください。まとめると、CBDを初めて使用する場合、まずカプセルでお試しいただくのが最善です。

すでにCBDに馴染みのある方や、カプセルより多量のCBDにシフトしたい方には、チンキと呼ばれるCBDオイルに切り替えると良いでしょう。CBDオイルの場合、数滴を舌の下に垂らし、約1分間そのままにするだけです。これは、CBDを血流に取り込む迅速かつ効率な方法であり、費用対効果も高いです。CBDオイルの服用において重要なのは摂取量について注意を払うことです。ピペット(大抵オイルに付属しています)を使う場合、簡単に必要以上に摂取してしまいます。また、オイルの濃度には様々あり、あなたの目的に合った製品を選ぶことが大切です。例えば、安眠を得たい場合に必要なCBD量は、痛みをコントロールしたい際に必要な量に比べてずっと少ないです。だからこそ、最初は少量から摂取し始めることが推奨されています。ゆっくりと時間をかけることで、あなたにとっての最適量を発見することができるでしょう。

気になる箇所に直接アプローチ

オイルやカプセルを使用すると、CBDは全身に行き渡ります。つまり、口から摂取すると体全体に影響を及ぼします。不安、落ち着かなさ及びその他一般的な体のトラブルへの対処は、これが最適です。しかし、関節痛や筋肉痛などの厄介な問題にフォーカスする場合、気になる部位に直接使用することによって、CBDの効果を最も必要な箇所に集中させることができます。ところで、局所投与とは何を使用して行うのでしょうか?クリーム、バーム、オイル(リラクシングマッサージの種類)を用いるのが適切であり、肌に直接使用し、通常はあらゆる用途に応じて様々な香りや強さを選択できます。過剰な摂取を心配することなく、目的に合った製品を選択できます。たとえば、私たちの経験では、スポーツや激しい活動の後に筋肉痛を和らげるのにおいて、レッドホットCBDチリや冷却メントールバームほど優れたものはありません。

食生活にフィットするよう作られています

また、CBDを食事にさりげなく加えたい場合はどうでしょうか? CBD入り食品はあなたがCBDを取り入れる素晴らしい(そしておいしい)選択です。 CBDをスナックの形態で美味しく摂取でき、CBDの効果も得られるのは一石二鳥です。

CBD入り食品は多様な種類で溢れています。チョコレートやナッツバター、クッキー、そしてブラウニー。お気に入りのスナックは食欲を満たせるだけでなく、CBDも取り込むことができます。 しかし、ある一定のCBD量を服用したい場合は、必ず栄養成分表を確認してください。ほとんどの場合、これらの甘いスナックにはCBDが少量しか含まれておらず、必要量に達しないことが多いからです。CBDが圧倒的に多く含まれているCBD入り食品の代表例はグミです。CBDカプセルの代替品として人気であり、CBDの含有量やフレーバーにおいても多くの種類があります。

どれを選ぶかはあなた次第

カプセルやオイル、トピカルそして食用品などの多様な製品の中に、必ずあなたのニーズとライフスタイルに合ったものがあるはずです。しかし、どれを選ぶにしても、認定されたサプライヤーからのみ購入するようにしてください。そうすることでCBDのメリットを最も安全かつ効果的に享受することができるでしょう。ですから、是非ブランドや製品について予めリサーチを行い、第三者機関による試験を経た、高品質で完全天然成分から成る製品を提供するブランドからご購入ください。

ソース

1) https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26845349

2) https://www.healthline.com/health/how-to-take-cbd