8500円以上購入で送料無料

5つ星レビュー
8500円以上購入で送料無料
保証されたCBD濃度
品質テスト済み

CBDは不安の症状を助けますか?

今、メンタルヘルスケアの重要性にかつてない注目が集まる中、様々な形態の不安が会話を支配しています。日々の悩みから長期的な苦しみまで、CBDは世界最大の問題の1つに対して自然な答えを提供できるかどうかを模索しております。

不安に対処する

英国人の30%は一生のうちに不安障害を経験します。国民保健サービスデジタル(NHS Digital)が発行する成人精神病罹患率調査(APMS)によると、うつ病や不安障害は最もありふれたメンタルヘルス問題であり、成人の6人に1人が罹患しています。1そして、この統計は、この問題がどれほど広範囲に及んでいるかを如実に示しています。

人生のある状況において不安を感じることはいたって普通のことです。就職の面接、お金の心配、人間関係の問題など、恐れや恐怖を感じさせるものに直面することは、不安を引き起こす原因となります。私たちの体は自動的に思考をより警戒させ、心拍数と発汗の増加を通して生理学的なフィードバックを与えます。これは有益な場合もあるが、長期にわたる激しい不安や慢性の不安に対してはまったく役に立たず、無効である可能性すらあります。人前で話すことに対するおそれなどの軽微な問題から、社交力の欠如、日常業務の遂行、パニック発作など、より深刻な苦痛まで–私たちの生活に大きな影響を与えます。そして、不安障害を持つ人の半数以上がうつ病症状も抱えていることが、これをさらに悪化させています。

不安の高まりがメンタルヘルスケアの危機と一致するのも、当然のことです。そして、治療のための長い待ち時間は、多くの場合、さらなる症状に繋がります。その結果、この待ち時間は、NHSに対する圧力の増大とともに、国内の不安治療の市場拡大をもたらしました。適切な専門的補助が不足する中、人は自分の神経を整え、生活に落ち着きを取り戻す方法を自分で探しています- ここでCBDの出番です。何千年もの間使用され、自然な疼痛管理と睡眠補助の手段として世界の多くの人々に歓迎されている大麻抽出物は、現在、救済の可能性として、不安の症状を持つ人々にますます注目されています。

CBDとは何ですか、不安を和らげますか。

カンナビジオール(CBD)は、大麻植物の完全非精神性抽出物であり、100以上の天然成分のうちの1つで、THC含有量を100%除去するように濾過したものです。このカンナビノイドは、私たちの体のエンドカンナビノイドシステムと反応して、ユーザーに不要な「ハイ」をもたらすことなく利益を与えます。

CBDは、エンドカンナビノイドシステム(ECS)と呼ばれる身体に備わった抑制システムのひとつと相互に作用することで機能します。私たちは、体内のほぼすべての場所にエンドカンナビノイド受容体があり、神経系の一部をなしています。それは脳で最も多く見つけられますが、腸、生殖器系、骨及び免疫細胞にも見られます。

ECSは、身体を限られた動作状態に保つ上で不可欠な役割を果たし、気分、記憶、ストレス、睡眠、行動、食欲、痛み、免疫機能、生殖の健康などの重要な機能を制御します。体内では、エンドカンナビノイドと呼ばれる化学物質を自然に生成し、エンドカンナビノイド受容体に結合し、上記のすべての機能を調節します。このため、エンドカンナビノイドシステムは私たちの健康を維持する上で重要な役割を果たしています。

だから、不安に苦しむ人にとって(重症度のレベルにかかわらず)、CBDは体内のバランスを回復するのに役立つ方法です-長時間の、落ち着かない警戒感を軽減し、付随する他の心理的、生理的な影響に終止符を打つために自然に働きます。

それはあなたに効きますか。

使用するさまざまな強さや製品から、日常で感じる不安のレベルまで、効果は個々人の状態やCBDの使用状況に依拠します。私たちの大多数にとって、本当の不安は恐怖の瞬間にのみ、特に未来を予測する場面で起こります。私たちの大多数にとって、人前で話すことは最も辛いことです。これは不安が如何に体を攻撃するのかを示す最も簡単な例です- 眠れぬ夜、汗ばんだ手のひら、そしてその日の失敗につながります。 

2018年の研究では、男性被験者は演説テストの実験を受ける前にCBDを受け取りました。研究者らは、試験の90分前に投与された300mgの経口投与で、スピーカーの不安を著しく軽減することを発見しました。2 このことは、ほとんどの専門家が注意を引くのに十分な情報でした。また、不安管理のこの自然な方法を採用する上で、あなたの症状が強烈である必要はないことがポイントです。しかし、より深刻なケースに対する証拠はどこにあるかと問う人もいるでしょう。CBDは社会不安障害(SAD)や心的外傷後ストレス障害(PTSD)など、あらゆる形態の不安を持つ人々にも役立つことを示す追加の証拠もあります。また、不安誘発性不眠症の治療にも役立つ可能性があります。

2011年、SAD患者に対するCBDの効果を調査する研究が行われました。参加者にはCBDまたは偽薬を400ミリグラム(mg)経口投与しました。結果、CBDを受けた人は全体的に不安レベルが低下しました。3 最近の研究は、CBDが悪夢やマイナスの記憶の再生などのPTSD症状にも役立つことを示しています。これらの研究は、CBDを単独のPTSD治療であると同時に、投薬や認知行動療法(CBT)などの従来の治療の補足としても見ています。

あなたの答えを見つける

全般的な不安に関してはさらなる研究が必要ですが、これらの有望な研究は、CBDが日常的な不安の症状に対処するための有効な選択肢であるかもしれないことを示唆しています。さらに、抗うつ薬や、脳や行動に対する薬といった潜在的な危険を伴う薬を処方される前に考慮すべき、自然なアプローチを提供します。

不安は私たちすべての人に様々な形で影響を与えています。だから、症状及び長期的な解決策に取り組むとなると、それは常に個々人の問題に帰着します。さまざまな強さのCBDが利用可能であり、様々な方法で摂取できるため、ニーズに合わせて投与量を調整しながらゆっくりと導入することをお勧めします。

ソース

4.      Braz. J. Psychiatry vol.41 no.1 São Paulo Jan./Feb. 2019  Epub Oct 11, 2018