6000円以上購入で送料無料・1~3営業日でお届け・15時まで当日発送

6000円以上ご購入で送料無料
メルマガ登録で10%OFFクーポン贈呈
品質テスト済み
parallax
Block

馬用 CBD


安全性は?

どうやって使えばいい?

まとめ


● CBD (カンナビジオール) はカンナビスサティバという麻に含まれる活性化合物です。

● 馬などのペットにも安心してご使用いただけます。

● CBDには精神活性作用がないので、「ハイ」に感じさせるようなことはありません。

● 研究によると、CBDは馬の痛み、炎症、不安を改善すると言われています。

馬用 CBD

CBDは麻から抽出される天然の化合物。さまざまな病状の改善に役立つことで、最近話題となっています。

そしてこのCBD、人だけでなく動物の健康にも応用できることをご存知でしょうか?

人間と同じようにストレスを感じ、ケガや炎症で苦しんでいる動物たちの症状緩和を目指すNaturecanのCBDは、猫や犬のようなペットから、馬のような大型の動物にも効果が見られることが分かっています。

このページでは、馬にCBDを与える方法と、その具体的な効果についてお話していきます。

馬用のCBDオイルを今すぐ購入

CBDオイルが馬にもたらす効果

麻由来の化合物カンナビノイドの効果が最初に発見されたのは1930年頃のこと。それから何十年にもわたり、CBD(カンナビノイドの一種)と、すべての生き物が持つ神経免疫システム(ECS)との関係を科学者たちは調査し続けてきました。その結果、私たちとCBDの間には深いつながりがあることが分かってきました。

動物は、自分たちが生まれながらに持つECSによって体内のバランスを調整しています。気分、食欲、痛みといった心と身体の調節はこのシステムの働きによって守られています。ECSを構成するのは、CBD成分の一種であるエンドカンナビノイド、カンナビノイド受容体、そして酵素。

麻にはそのカンナビノイド受容体を活性化し、ECSを整える成分が含まれています。

ECSとCBDの関係はとても複雑であり、研究が続けられています。

今分かっていることは、CBDは痛みや炎症を抑制する受容体に働きかけること。痛みを感じる原因となる働きを抑制する力があること。そして、間接的に受容体に働きかけるため、中毒症状を引き起こさないということ。

CBDは生き物の持つ自然の力を引き出し、心身のバランスを保ちます。

CBDに期待できる馬への効果

馬への効果は、人間や他の動物への効果と同じであると考えられています。

飼い主としては、この分野での研究がほとんど発表されていないことを念頭に置く必要はありますが、馬にも人と同じようにECSがあるため、他の動物の調査結果も馬に適用できると考えられます。

現在ある10の症例によると、CBDが馬の健康維持に効果的であるということが示されています。

CBD摂取による馬への効果

厩舎で飼育されている競走馬などの馬は、ペーシング、さく癖といった行動をとることがあります。

さらに、強いストレスを感じている馬は、運動能力に直結する睡眠不足といった症状に苦しむことも。

馬によるCBDの使用研究はまだたった三つではありますが、そのうち一つの研究では、CBDが馬のストレスを改善することを発見しました。

そして多くの獣医師が、不安やストレスの感じやすい犬にCBDが効果的であると認めています。このことは、馬のストレスにも効果がある可能性を示しているのです。

痛みや炎症を和らげるCBD

激しい運動によって馬がケガをすることはよくあること。さらに加齢によって関節炎や蹄葉炎などに悩まされることもあります。

痛みや炎症は大切な馬の寿命を縮める可能性があり、病状改善のためには時間も費用もかかります。馬の健康維持をサポートできる天然のサプリメントの存在は、馬のためだけでなく飼い主のためにも大切なことです。

研究者たちは、CBDの持つ痛みへの改善効果に注目しています。まだ研究は多くはありませんが、ケガをした馬の効果的な回復サポートとして、CBDは期待されているのです。


馬のCBD摂取について

馬の病状が深刻な場合、早く効果を得るために最も効果的な方法は舌下摂取です。
馬と同じ向きで立ち、馬がスポイトを舐められるよう口の側面にそっと挿入します。
こうすることで舌下での塗布が
簡単にできます。

ペット用のCBDオイルには、すべてスポイトがついています。必ず馬の反応を見ながら少ない摂取用量から使用を始めてください。

体重1kgあたり約0.2mgの摂取からの開始をおすすめします。2日後、馬の体調に注意しながら、1kgあたり0.4mg量ほどを目安に増やします。 それでもまだ足りない様子でしたら、体重1kgあたり0.6mgの摂取量に増やすことをおすすめします。

定期的な摂取が重要なので、1日の投与量を計算したら、それを朝と夜の2回に分けて与えます。

馬がゆっくりと吸収できるよう、食べ物と混ぜたり、馬の口の横部分にそっと垂らして与えましょう。早く効果を感じたいのであれば、直接舌下からの摂取をおすすめします。

馬への摂取量はどのくらい?

30%オイルは1滴につきCBD 12.5mg 含有
40% オイルは1滴につき CBD16.67mg 含有

馬の体重1kgに対するCBD(mg)摂取量
使い始め摂取量 次段階の摂取量 最も多い摂取量
0.2mg 0.4mg 0.6mg
馬の体重が500kgだった場合
1日につき100mg 1日につき200mg 1日につき300mg

CBD商品は馬にも安全?

人間に対してのCBDオイル摂取の安全性は立証されていますが、動物への使用は獣医学の世界でも研究が始まったばかり。長期的な影響の有無については、まだ分かっていないことも多いです。

とはいえ、馬が抱える痛みへの効果が確認された2020年の研究では、副作用や安全性への心配は報告されていません。翌年の研究でも、馬はCBDに耐性があり、身体的に有害なことは無いことが分かっています。

これまでも人や動物への副作用の報告はほとんど無く、世界保健機構もCBDの人間への使用に関してその忍容性の高さを認めています。

CBDとは?

CBDはカンナビジオールの略。麻の花から抽出されるカンナビノイドと呼ばれる天然の化合物の一種です。

100種類以上あるカンナビノイドにはそれぞれ固有の特性があります。一般的に強い陶酔感や中毒性を持つと言われているTHC(テトラヒドロカンナビノール)もこの一種です。私たちが使用する麻は、カンナビスサティバ種。このTHC成分が0.2%未満でなければなりません。

CBDはTHCとは真逆の特性を持ち、中毒性や気分を「ハイ」にする性質はありません。深いリラックス効果や神経系の不調を整える効果があります。そのため、ペットにも安全と言われているのです。

馬の競技ルールと身体検査

ハイレベルな競技に参加する馬の場合は、参加スポーツにおけるドーピング規則に注意を払う必要があります。

米国馬術連盟(USEF)と国際馬術連盟(FEI)の両方がCBDの使用を禁止しています。

馬にとって最適なCBDを選ぶには?

第三者機関のテストを経て、汚染物質や連邦法順守のチェックを徹底しているNaturecanのCBDオイルは、馬にとって安全と言えます。

THC成分が0.3%以下であれば合法の麻です。Naturecanの馬用CBD製品には、検出できないレベル(<0.01%)のTHCが含まれています。

ご購入いただいたCBD製品が安全で合法であることは、商品に同封される分析証明書に記載されています。ご確認ください。

引用元:
1. https://www.nature.com/articles/s41598-020-60172-6
2. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5569602/
3. https://www.panacealife.com/wp-content/uploads/2020/02/Final-Equine-Study.pdf
4. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33723919/
5. https://www.who.int/medicines/access/controlled-substances/CannabidiolCriticalReview.pdf
6. https://www.gov.uk/government/news/vmd-statement-on-veterinary-medicinal-products-containing-cannabidiol
7. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1760722/
8. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1575333/
9. https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0161813X15001229
10. https://www.americanhorsepubs.org/newsgroup/23202/23674/
11. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6338022/