8500円以上購入で送料無料

5つ星レビュー
8500円以上購入で送料無料
保証されたCBD濃度
品質テスト済み

ペットにとってCBDは安全ですか?

米国、英国、ヨーロッパの大部分の国家で、CBDは多くの病気に対処するための効果的な方法と思われ、自然である同時に安全です。 今、問題されているのは、この奇跡の抽出物は私たちのペットにも役立つことができますか?

増え続けている研究につれて、私たちと同じように、CBDはペットにも助けると信じられるようになっています。自然なバランスを維持するために、すべての哺乳動物の体内には絶え間なく作用している内因性カンナビノイドシステムがあり、多くの必須な心理的また生理学的機能が効果的に働いていることを保証しています。これは気分、睡眠、食欲に影響を与える可能性があり、更に痛みをコントロールすることにも助けます。そして生物学の角度から言うと、これは私たちと同じように、CBDが動物にも作用することを意味しています。内因性カンナビノイドシステムの詳細については、こちらをご覧ください。

動物問題への対処

人間と同じように、動物は関節炎といった特定の健康問題の影響を受けやすく、定期的に衰弱性痛みを引き起こします。 ペット、特に犬は、一人ぼっちにされた時、またはボンファイヤ―ナイトや大晦日に音が大きい花火などの特定の状況に触れた時、恐怖や不安などの心理的な問題に悩まされます。そのため、 多くのオーナーにとって、このようなストレスを軽減する方法を見つけることは一番重要です。現在、CBDの人気が高まっていますが、これらの状況で使える実際の証拠はありますか?

専門家の承認に関しては、長年にわたってCBDによる動物の治療が普通であったアメリカのノースショアアニマルリーグの獣医参事長であるマーク・ヴェディーノ氏は、動物たちは「関節炎といった低レベルの痛みの刺激に対して、製品を服用した時に反応が鈍くなるようです」と述べています。しかも医師は自分の老化した犬にCBDを使っていることを分かち合いました。 その犬が夕方に騒音のせいで怖くなったり驚いたりすることがあり、CBDを使った後犬がリラックスできようです。また彼は「夜光線がなくなると、周囲が真っ暗になります。暗闇の中でよく見えないから、彼は少し不気味になります。そして、私が彼にCBDを与えると、彼はただ眠りにつくようです」と言いました。

多くの専門家はこのオープンスタンスを反映しており、20181年から幾つかの公式研究が行われています。これらの研究は主に変形性関節症に苦しめている犬に対するCBDオイルの安全性、抗炎症性、および鎮痛性の効果を検討しています。研究者たちは犬に体重1㎏あたり2㎎または8㎎の用量を使いました。2つの獣医リソース(犬の簡単な痛みの目録とハドソンの活動スケール)によると、80%の犬の痛みと動きやすさが改善したことがわかりました。

20192年に発表された他の小規模な研究によると、発作薬にCBDを加えたてんかん犬は、発作薬とプラセボを投与された犬より発作が大幅に少なくなることがわかりました。 そのため、猫や犬などの飼いならされた動物に関係するCBDの研究はまだ初期段階ですが、収集された一連のデータは、CBDの使用がプラスの利点をもたらすことを示しています。

どの製品を選ぶべきですか?

犬、猫、また他のペット用の製品がたくさんありますが、実際製品自体のCBDを比べると、違いはないといってもいいです。 これはただ包装とマーケティングの違いですから、一見特別な製品に高額な費用を支払わないでください。 その代わりに、私たち自身のCBDの使用と同じように、品質の高い製品を選択してください。つまり、成分リストを再確認することです。甘味料キシリトール(多くの低品質CBDブランドのグミに含まれている)といった特定の含有物はペットに有害であるかもしれないからです。

ほとんどの場合に、オイルを利用することはペットにCBDを投与するための一番いい方法であるかもしれません。 異常なものを食べたり飲み込んだり、クリームやジェルを塗ったりする間、じっと座らせることが必要です。しかしながら、 オイルを使用する場合、必要な用量を口に直接に加えるだけで、CBDが作用することができます。 また、特注の投与量を確立して管理する方法が更に簡単です。特に、最初効果がわからない場合はなおさらです。

適切な投与量を得る

これはペットとCBDに関して最も重要なことです。 オイルを使っている場合でも、別の製品を使用している場合でも、用量には特に注意してください。悪い影響を受ける可能性が一番高いのは、単に彼らに使用すぎることです。 しかし、心配する必要もありません。CBDは完全に自然で無毒であるため、動物を傷つける可能性はなく、ただ下痢や嗜眠のような望ましくない副作用を引き起こすだけです。 良い知らせは、これが起こったとしても、その影響は一時的なものに過ぎないということです。

問題を回避するために、基本的な投与量のガイダンスを次に示します。

低いティア= 0.05mg CBD x 0.5kg体重

ミッドティア= 0.125mg CBD x 0.5kg体重

強いティア= 0.25mg CBD x 0.5kg体重

定期的な治療を行うには、1日に2回使用する必要があります。ただし、一部のペットに1回の使用対してよりよい反応を示す可能性があります。したがって、最初にCBDを投与する際、注意深く観察して、その反応を監視することをお勧めします。できれば、朝と夕方の用量を定期的に維持してください。ペットへの投薬にまだ自信がない場合は、投与目安やその他の意見を含むペットの特定の問題に関する潜在的な解決策について、獣医と相談することが一番いいです。

賢明に選ぶ

CBD製品の大部分はペット用のラベルが付いていませんが、可愛らしいペットたちにとっては確実に安全です。私たちが毎日楽しんでいる同じ範囲の健康上の利点をもたらすこともできます。 これにより、ペットの生活品質を高めることができますから、適切な量を投与しながら、確実に試す必要があります。

私たち人間と同じように、品質管理が非常に重要です。 CBD市場がまだ比較的規制されていませんから、多くのCBD製品にはラベルに記載されていない成分やアレルギー性の成分、および品質の低いCBDが含まれている可能性があります。 その被害は、お金の無駄遣いからペットに深刻な健康問題をもたらすことまで及びます。 常に評判のいいブランドと、サードパーティのテストを通じて製品の品質と成分が保証できる製品を選んでください。

ソース:

1. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6065210/
2. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31067185
3. https://www.huffpost.com/entry/cbd-oil-dogs-pros-cons
4. https://www.innovetpet.com/blogs/hemp/is-human-cbd-oil-safe-for-dogs