CBDとは?CBDの初心者完全ガイド:効果や注意点等

CBDとは?CBDの初心者完全ガイド:効果や注意点等

CBDとは?CBDの初心者完全ガイド:効果や注意点等

Naturecanの栄養責任者でSENR登録栄養士の有資格の専門家、およびLJMUの専門教育博士候補であるMoyra Cosgrove監修

ポイント:

  • CBD(カンナビジオール)は、麻の植物(カンナビスサティバ)に比較的豊富に含まれている化合物です。
  • 不安炎症不眠症慢性的な痛みなど、さまざまな症状に効果的であることが示されています。
  • CBDで酔うことはありません。つまり、使用しても「ハイ」になることはなく、中毒性もありません。
  • CBDの使用には潜在的な副作用がありますが、これらはまれで軽度であり、通常はCBDを過剰に摂取した結果起こるものです。

何世紀にもわたって、麻植物(カンナビスサティバは、その薬効があることから植物由来の原動力と見なされてきました。現代の医薬品時代にはやや無視されてきましたが、近年、麻植物とその治療の可能性への関心が再び高まっています。

自然療法としての麻の人気は、植物内に見られる多くの化合物に起因しています。そのうちの1つは、カンナビジオール(CBD)として知られるカンナビノイドです。

過去数年にわたって、CBDの健康を維持する可能性を探るために集中的な研究が行われ、CBDの使用は驚異的な速度で成長しました。2018年のある調査によると、英国では約160万人CBD製品を使用しており、この数は増え続けています。

では、CBDとは何でしょうか?CBDのあらゆる情報を、初心者向けガイドとして以下にまとめました。CBDとは何で、どこから来ており、何に使われるのか、そしてあまり知られていない事実をいくつか説明します。

  • CBDとは?CBDの仕組みとは?
  • CBDオイルはマリファナからできている?
  • CBDを使うとハイになる?
  • CBDには中毒性がある?
  • CBDは違法?
  • CBDの潜在的なメリットとは?
  • ブロードスペクトラムCBDとフルスペクトラムCBD
  • CBDの副作用
  • CBDの服用方法
  • CBDの摂取量
  • CBD製品選びで注意すべき点
what is cbd

カンナビジオール(CBD)は、麻の植物カンナビスサティバ)に含まれる約140種類のカンナビノイドの1つです。これは、 CBDオイルCBD入り食品局所用カプセルリキッドなどの麻由来の製品の主な有効成分です。

人間は何千年もの間、そのさまざまな治療特性を求めてCBDを使用してきました。大麻の主な中毒化合物であるテトラヒドロカンナビノール(THC)とは異なり、 CBDは無毒なので、使う人を「ハイ」にしたり中毒を引き起こしたりすることはなく、完全に安全な方法で摂取できます。

CBDの仕組みとは?

CBDは、体全体に見られる複雑な細胞信号伝達ネットワークである、エンドカンナビノイドシステム(ECS)と相互作用することによって機能します。このシステムは、睡眠、気分、痛み、食欲、記憶などの多くの重要な機能を調節し、体内の平衡状態(または「恒常性」)を維持するのに役立ちます。

ECSは、エンドカンナビノイド、カンナビノイド受容体、酵素の3つの主な要素で構成されています。

1.エンドカンナビノイド

エンドカンナビノイドは、多くの神経機能を調節する、体が生成する分子です。これらがカンナビノイド受容体に結合し、ECSが行動を起こす必要があるときに(例えば、痛みを和らげるために)ECSに信号を送ります。2つの主要なエンドカンナビノイドは、脳の報酬系に影響を与えるアナンダミド(AEA)と、循環器系を調節する2-アラキドノイルグリセロール(2-AG)です。

2.カンナビノイド受容体

エンドカンナビノイドは、体を維持するためにカンナビノイド受容体に付着します。カンナビノイド受容体の2つの主要なタイプは、CB1とCB2として知られています。CB1受容体は主に脳と中枢神経系にあり、CB2受容体は主に免疫系と末梢器官にあります。

3.酵素

酵素は、エンドカンナビノイドがその機能を実行すると、それらを分解します。このプロセスに関与する2つの主要な酵素は、アナンダミド(AEA)を分解する脂肪酸アミド加水分解酵素(FAAH)と、 2-アラキドノイルグリセロール(2-AG)を分解するモノアシルグリセロール酸性リパーゼです。

専門家は、まだCBDがECSとどのように相互作用するかを完全に解明していませんが、CBDはCBD受容体に弱く結合し、間接的に身体に影響を与えると考えられています。例えばCBDは、酵素FAAHがアナンダミドのようなエンドカンナビノイドを分解するのを防ぎます。これによりエンドカンナビノイド濃度が高まり、CBDが体により大きな影響を与えることができます。

さらに、酔う成分のカンナビノイド・テトラヒドロカンナビノール(THC)とCBDが一緒に摂取されると、アナンダミドのようなエンドカンナビノイドが長持ちして、THCが脳内のCB受容体に結合して「ハイ」の状態にするのを防ぐことができます。このように、CBDは THCの酔う効果を間接的に打ち消すこともできます。

人間のエンドカンナビノイドシステム(ECS)

CBDの歴史

ヘンプは中央アジアで生まれ、紀元前1200年頃にヨーロッパに伝わり、その後世界中に広まったと考えられています。当時、麻植物は主にその薬効を目的にさまざまな部分が利用されており、けいれん、赤痢、関節炎、出産の合併症、リウマチ、さらには不眠症を和らげる民間療法や原始的な薬に使われていました。

化合物CBDは、ロジャー・アダムズがCBDとCBN(カンナビノール)と呼ばれる別の麻カンナビノイドの分離に成功した1940年代に最初に発見されました。しかし、当時の科学者の関心はTHCの研究にありました。これについては、この記事の後半で説明します。

1946年、ウォルターS.レーウェ博士は、実験動物に対する最初のCBD検査を指揮し、CBDは動物の精神状態を変えなかったと結論付けました。その同じ年、ラファエル・メコーラム教授(大麻研究の祖父として一般に認められている)が率いる研究チームは、エンドカンナビノイドシステムとCBDの3次元構造を発見しました。これが、CBDが脚光を浴び、大麻の理解を変える2つの発見でした。

what is cbd

その後すぐに、英国の薬理学者は治療用途を目的とした最初のCBDオイルをリリースしました。CBDの潜在的な健康上のメリットに関する研究は、CBDがてんかんを持つ人々をサポートする可能性に関する1980年代の重要な研究によって推進され、世界中で勢いを増し続けました。

2007年までに、ノースダコタ州の2人の農家に大麻栽培ライセンスが付与され、2014年には、バラク・オバマ米国大統領が「農業法案」に署名し、研究機関が大麻栽培プログラムの試験運用を開始することを承認しました。

その後の2018年の農業法案の改正により、規制物質法で禁止されている指定薬物からCBDと麻が完全に分離されました。これは、麻由来のCBDを違法薬物として扱うことができなくなったということです。

同じ年、米国食品医薬品局(FDA)は、2歳以上のてんかん患者の発作の治療用の最初のCBD経口薬である、エピジオレックスを承認しました。

今日、麻由来のCBDは栄養補助食品として広く使用されており、摂取者はCBDオイルCBD入り食品局所用カプセルリキッドを含むさまざまな製品から選択することができます。

CBDオイルはマリファナからできている?

CBDの歴史を探求したところで、CBDに関するよくある質問をいくつか掘り下げてみましょう。

麻とマリファナは大麻植物の2つの変種です。この2種は厳密には同じ種ですが、その化学的性質は大きく異なります。

麻は、主に産業と農業目的で栽培されている、無毒の大麻です麻にはCBDが豊富で、酔わせる成分のフィトカンナビノイドTHCを微量しか含んでいません。

一方、マリファナは高程度のTHC (最大40%)を含み、主に娯楽用途で栽培されています。

what is cbd

CBDオイルは麻とマリファナの両方から作ることができますが、マリファナ由来のCBDは麻由来のCBDよりもTHC含有量がはるかに高いため、英国を含む多くの国で違法です。

CBDオイルを購入するときは、それがどの植物種から作られたものかを知ることが重要です。NaturecanのCBDは、米国で栽培された有機麻植物のみに由来し、THCゼロ(検出限界以下)が保証されています。

THCとは?

テトラヒドロカンナビノール(THC)は、CBDとは異なる酔う成分で、通常大麻から連想される「ハイ」を作り出す原因となるカンナビノイドです。

THCは脳細胞にドーパミンを放出させます。ドーパミンは陶酔感を引き起こす化学物質です。また、新しい記憶の形成をつかさどる脳の領域である、海馬での情報処理を妨害します。

CBDと同様に、THCは油、CBD入り食品、チンキ剤などの形でも入手できます。しかし、両方の化合物が体のエンドカンナビノイドシステムと相互作用するとき、それらは非常に異なる効果を生み出します。実際に、さまざまな薬効をもたらすために、これらが市販製品で相乗的に組み合わせて使用されることはよくあります。

CBDを使うとハイになる?

いいえ。カンナビジオールは100%、中毒性がありません。つまり、THCとは異なり、CBDは気分を高揚させたり、陶酔感を引き起こしたりすることはありません。

2016年の研究によって、活性のTHCが心拍数や多幸感の増加などの重大な身体的および心理的影響を引き起こしたのに対し、CBDは心拍数、血圧、または認知機能に悪影響を及ぼさなかったことが示されました。

CBDには中毒性がある?

いいえ。CBDは酔わせることがないので、使った人がハイになったり、依存症になったりすることはありません

世界保健機関(WHO)の報告によると、十分に管理された人間を対象とした治験の結果により、CBDが乱用の可能性と関連がないことがわかりました。さらに、CBDは薬物中毒の治療にも役立つ可能性があります。

実際、科学者からの初期の証拠により、CBDがメタンフェタミンとコカイン使用障害を発症する可能性を低下させ、解毒後の薬物不使用時の再発を防止するのに役立つ可能性があることが示されています。

CBDは違法?​

いいえ、合法です。CBDは世界中の多くの国で合法ですが、THCの含有に関する法律は地域によって異なります。

CBDを使うと薬物検査に引っかかる?

CBDそのものが違法ではないので、職場や運転時の薬物検査に引っかかることはありません。もちろん、試験を経てTHCの含有量が検出不可能な程度であることが証明され、ノベルフードライセンスプロセスを経ているブランドを選択することが非常に重要です。NaturecanのCBDは、これらの要件を満たしています。

CBDが体内にとどまる期間はどのくらい?

CBDの効果は2〜6時間で最も顕著ですが、実際には3〜5日間システムにとどまる可能性があります。この時間枠(CBDの半減期とも呼ばれる)は人によっても、次のようなさまざまな要因によっても異なります。

通常、CBD入り食品は、体全体にゆっくりとCBDを放出するため、体内に長く留まります。一方、局所用のCBD製品は、体内ではなく皮膚のカンナビノイド受容体と主に相互作用するため、活性を維持する期間がより短くなります。CBDの半減期は、脂肪源と一緒に摂取するか、より摂取の頻度を増やすことによっても延長できます。

what is cbd

CBDオイルとヘンプオイルの違いとは

「CBDオイル」と「ヘンプオイル」という用語は、しばしば同じ意味で使用されます。ただし、大きな違いが1つあります。それは、抽出源です。

CBDオイルは麻に由来しますが、CBDを含むあらゆるオイルを表すために使用される幅広い用語です。先に説明したように、 CBDオイルは、マリファナなど、THCをより高い割合で含む植物の他の種からつくられることがあります。

一方、ヘンプオイルは、高濃度のCBDと微量のTHCを含むヘンプの抽出物です。幹、茎、花など、植物のさまざまな部分から得られ、油やチンキの生産に使用されます。

簡単に言えば、ヘンプオイルは常にヘンプ植物(麻)から抽出されますが、CBDオイルは他の種類の大麻から抽出される場合があります。覚えておきたいのは、ヘンプオイルはCBDオイルと呼べますが、CBDオイルは必ずしもヘンプオイルではないということです。

ヘンプシードオイルも聞いたことがあるかもしれません。ヘンプシードオイルはヘンプオイルと呼ばれることもありますが、ヘンプ植物の種子のみから作られておりCBDを含まないため、CBDオイルともヘンプオイルとも異なります。

CBDの潜在的なメリットとは?​

上記のように、CBDには多くの治療特性があります。主なCBDの効果の中から、いくつかを見てみましょう。

ストレスや不安​

研究によると、CBDはストレスや不安に悩む人々をサポートすることができます。

例えば、2019年の研究では、人前で話すイベントの前の57人の男性が、CBDオイル(100mg、300mg、600mgのいずれか)またはプラセボ(偽薬)を摂取して不安の程度を測定しました。その結果、300mgの用量のCBDを与えられた男性は、プラセボまたは100mgの用量を与えられた男性よりも不安の症状が少ないことが示されました。(この研究では非常に高用量のCBDを使用しており、ご自身の1日の適量摂取量を超える摂取はお勧めしません。)

動物研究の中には、CBDの脳内の受容体や化学物質との相互作用の仕方の結果として、実質的な不安防止(不安緩和)効果をもたらす可能性があることを示すものもあります。

さらに、2015年に発表された研究により、CBDがてんかんの治療に大きな可能性を秘めていることが示唆されました。ストレスはてんかんの発症に寄与する可能性があり、てんかん発作の引き金にもなります。

what is cbd

炎症と痛み

what is cbd

主に動物を対象とした多くの研究により、エンドカンナビノイド受容体の活性に影響を与え、神経伝達物質と相互作用することにより、慢性的な痛みや炎症などの健康状態をサポートするのにCBDがどう役立つかが示されています。

例えばある動物実験では、ラットの関節にCBDクリームを塗布すると、腫れを軽減し、手足の姿勢を改善できる可能性があることが明らかになりました別の研究では、CBDが用量依存的に関節痛を妨げ、関節炎のある関節の将来の神経損傷と関連する痛みを防ぐことにより、変形性関節症のラットをサポートできることがわかりました。

睡眠

研究によると、 CBDは睡眠をサポートするのに役立つことがわかっています。この方法の1つに、体が生成するアデノシンの量に影響を与えることがあります。

アデノシンは倦怠感を調節する化合物です。アデノシンが高程度になると眠りにつきやすくなり、低程度になると覚醒しやすくなります。CBDはアデノシンの量を増加させません。代わりに、アデノシンの量が体の概日リズムに一致するように調整する役割を果たし、それによって通常の睡眠パターンをサポートします。

さらに、 CBDと睡眠の改善との関連を調査する研究では、CBDが脳内のGABAおよびセロトニン受容体といかに相互作用してリラックスと睡眠を促進するかを強調しています。GABAは、過剰な脳活動を落ち着かせ、リラックスに役立つ、体内の主要な抑制性神経伝達物質です。セロトニンは、不安を軽減し、気分を改善するのに役立つ化学物質です。どちらもより良い睡眠を促進します。

フルスペクトラムCBDとブロードスペクトラムCBDの違い

CBD製品の購入を検討していると、よく一般的に使用される2つの用語、フルスペクトラムとブロードスペクトラムを見かけるでしょう。この2つの違いを理解することが重要です。

フルスペクトラムCBD製品とブロードスペクトラムCBD製品の主な違いは、THC含有量です。最大0.3%以上のTHCを含むCBD製品と、テルペンや他のカンナビノイドなどの天然植物抽出物の混合物は、フルスペクトラムCBD製品と見なされます。

ブロードスペクトラムのCBD製品にも多くの植物化合物が含まれていますが、THCの含有量はごくわずか、つまり0.3 %未満です。このため、ブロードスペクトラムCBDは安全に摂取できると広く考えられていますが、フルスペクトラム製品は中毒の危険があるため多くの国で違法です。

また、CBDアイソレートとは何かいう疑問もお持ちかもしれません。これは、CBDの3つ目の一般的な種類で、他の大麻由来の植物化合物を含まない純粋な形です。ブロードスペクトラムとフルスペクトラムのCBDとは異なり、CBDアイソレートには、「奨励効果」の潜在的なメリットがありません。これは、個々のカンナビノイド間の相互作用により、大麻植物全体の効果が個々のカンナビノイドの合計よりも大きいという仮説に基づいています。

NaturecanのCBD製品はブロードスペクトラムCBDで作られているため、「奨励効果」の潜在的なメリットがすべて受けられ、THC含有量が検出限界以下であることが保証されています。

CBDの副作用

CBDはすべての人に異なる影響を及ぼします。CBDの利用による深刻な副作用は報告されていませんが、低用量を摂取することから始めて、プラスの効果に気付くまでゆっくりと量を増やすことをお勧めします。

CBDのまれな副作用には、次のものがあります。

  • 口の渇き
  • 立ちくらみ
  • 血圧の低下
  • 食欲の変化
  • 気分の変化
  • 下痢

CBDオイルは肝酵素の量を上昇させる可能性もあるため、肝疾患のある人は、血液中の肝酵素濃度を専門家のもと定期的にチェックし、医師の指導の下で製品を使用してください。

さらに、CBDは胎盤関門を通過する可能性があるため、妊娠中と授乳中は、赤ちゃんの発育に対する潜在的なリスクを避けるためにCBDオイルを使用しないでください。

CBDの服用方法​

CBDの摂取には多くの色々な方法があります。CBD製品はとても多く、色々な種類があるため、自分にぴったりの製品を選ぶのは難しいかもしれません。日常生活にCBDを取り入れるためのさまざまな方法をご案内します。

1.CBDカプセル

CBDカプセルは、服用が簡単で、摂取量を管理するのが簡単なため、CBDを初めて使用する人にとってはぴったりの方法です。

CBDカプセルを服用するには、水と一緒に飲み込むだけです。CBDカプセルは通常効果が表れるまでに1〜2時間かかり、2〜8時間続くことがあります。

2.CBDオイル

CBDオイルは他のほとんどの摂取手段よりも高いバイオアベイラビリティ(生物学的利用能)を持っています。つまり、CBDオイルではCBDが血流に早く入り、より早く効果を発揮するということです。

CBDオイルを服用するには、必要な数滴を舌下で摂取し、飲み込む前に1分間そのままにします。CBDオイルは15〜30分以内に作用し始め、その効果は2〜8時間続くことがあります。

3.CBDバーム

CBDオイルとCBDカプセルは全身に作用しますが、CBDバームその他のスキンケア製品を使用すると、ユーザーは関節や筋肉の痛みなどの気になる部位に的を絞って、CBDのメリットを最も必要な場所に集中させることができます。CBDバームを使用するには、患部に1日2〜3回薄い層を塗るだけです。CBDバームとクリームは肌と直接相互作用するため、10〜30分以内に効果を発揮し始めることがあります。これらの効果は2〜8時間続く可能性があります。

4.CBD入り食品

CBD入り食品は、CBDを毎日摂取する、おいしくて簡単な方法です。人気のあるCBD入り食品には、クッキー、グミ、 ブラウニー、 ナッツバター 、 チョコレートなどがあります。これらは血流に入る前に消化器系を通過しなければならないので、CBD入り食品は他の製品よりも効果を発揮するのに時間がかかります(通常1〜2時間)。ただし、CBDは体全体にゆっくりと放出されるため、その効果は最大8時間続く可能性があります。

5.CBDリキッド

CBDリキッド はCBDを体内に吸収する効果的な方法です。CBDは肺を介して血流に直接吸収されるため、一般的なすべての摂取経路の中で最も高いバイオアベイラビリティを備えています。CBDe-リキッドは数分以内に効果を発揮します。しかし、これらは急速に吸収されるため、CBDオイルやCBD入り食品と比較した場合、効果は比較的短命(2〜3時間)です。

CBDリキッド製品は喫煙者にとってリスクの低い代替品と見なされていますが、非喫煙者にリキッドを吸うことはお勧めしません。

CBDの摂取量:どのくらい服用すべき?

FDA(米国食品医薬品局)は、CBDの標準的な1日の推奨量をまだ発表していません。これにより、多くの人がどこから始めればよいかわからなくなってしまいます。

最初に知っておくべきことは、体重、身長、CBDを服用する理由など、さまざまな要因に応じて、摂取量が人それぞれ異なることです。CBDを初めて使用する場合は、低用量(2 mgなど)から始めて、これを徐々に増やして最適な摂取量を見つけることをお勧めします。あるいは、弊社のCBDオイル摂取量計算機を使うと、それぞれの方のニーズに基づいた推奨量がわかります。

CBD製品選びで注意すべき点

CBDオイルを購入するときは、オイルに含まれるTHCの量(0.3%未満)が安全な範囲内であること、完全に植物ベース(合成原料が追加されていない)であること、および販売者がその安全性と品質の証明として次のようにオイルの分析証明書を提示していることを確認してください。

what is cbd

注意すべきポイント:

  • 安全なTHC含有量(<0.2%)
  • 植物由来のCBD
  • 分析証明書が閲覧できる
  • 有機麻栽培(理想的には米国産)
  • 農薬や添加物を含まない
  • 認定された生産者
  • 第三者機関の研究所による定期的な検査

ネイチャーカンのCBDオイルが含むTHCの量は検出不可能な程度で、米国で栽培された麻植物のみに由来します。これはつまり、アイソレートや合成原料を使用せず、天然の植物由来のCBDのみを使用しているということです。

さらにNaturecanのすべての製品は、安全性と品質を保証するために独立した研究所による厳格な検査を受けており、分析証明書に簡単にアクセスできるようにして完全な透明性を維持しています。

CBD製品はペットに使っても安全?

はい、CBDはペットに使っても安全です。

すべての哺乳類は、本質的な心理的および生理学的機能を調節することによって体をバランスの取れた状態に保つエンドカンナビノイドシステムを持っています。CBDは動物と人間の両方に対し、同様の方法でECSと相互作用します。

初期の研究では、CBDが多くのペットの症状に役立つことが示されています。詳しくは、CBDのペットへの安全性をご覧ください。

is cbd safe for pets

Naturecanを選ぶ理由

CBDとその潜在的なメリットについておわかりいただいたところで、ご自身でお試しになることをお勧めします。その場合は弊社の幅広いCBD製品の中から、ご自身のニーズに最適なものをお選びください。

Naturecanは、高品質のCBD製品サプリメントを幅広く独占的に提供しています。弊社のウェブサイトは世界30か国以上で利用されており、グローバルな提供範囲で、ますます多くのお客様にCBDの健康上のメリットを提供しています。

Naturecanのすべての製品は、業界最先端のテクノロジーを使用して製造されています。製品の品質、お客様にとっての安全性、およびサプライチェーンの透明性を確保するために、第三者機関による厳格な検査を実施しています。

弊社のCBDオイルはブロードスペクトラムの留出物であり、THCの含有量は検出できない程度で、高いバイオアベイラビリティを備えているため、市場で最も安全で純粋なオイルになっています。また、弊社のCBDオイルは、米国で栽培された麻の植物のみに由来します。つまり、アイソレートや人工合成原料を使用することはなく、天然の植物由来のCBDのみを使用します。

免責事項:CBD製品はFDAによって承認されていません。しかし、WHOはCBDを副作用がほとんどないか、まったくない無毒で安全な化合物として認識しています。

出典

免責事項:現在、上記の症状でのCBDの使用をサポートするには証拠が不十分であり、この記事は決して推奨される使用法を反映しているわけではありません。 処方薬を服用している場合、または自分の症状に対しCBDの使用を検討している場合は、必ず医療専門家に相談してください。



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。